アコースティックギター編

OVATION N-769

タコのカルパッチョの画像 厳密に言えばエレアコなんですが、現在メインのアコースティックギターがこれです。 自分が所有しているギターの中で唯一「ばったもん」(コピー)でないギターです。 とりあえず、LIVEで便利。というのが最大の特徴です。  ラインでの音色は、割と太めでアルペジオとかのほうが合うように思います。 タカミネのエレアコの高音の効いたシャープな音とは対照的で好みの分かれるところでもあるでしょう。
 純粋なアコースティックギターと比べると、音量も小さめで「色気」があまり感じられませんが、 低音から高音までのバランスが良くいわゆる「きれいな音」がします。
 オベーションといえば、アダマスが有名ですが、アダマスの「ポンポン」と鳴る音が好きになれず あえて、このモデルを選びました。
 また、忘れてはいけないのが弾きやすさです。ネックのグリップは独特の三角ネックで 弦高が低く、エレキから持ち替えたときに それほど違和感無く弾くことができます。
 基本的にはアコースティックギターのラインの音が嫌いなので、LIVE以外ではラインで使うことがありません。 では、なぜ?このギターかと言うと、便利だから・・・これに尽きるでしょう。

*下のマスターを購入する際に下取りに出しました。長い間ご苦労様でした。

YAMAHA DYNAMIC GUITAR No.4

しらすのペペロンチーノの画像 うーん。この怪しげなガットギターは何なんでしょう?10フレットにポジションマークはあるは、裏板はメイプルだし、ブリッジはねじ止めしてあるわで全くクラシックギターらしくありません。製造年はかなり古いらしく、ヤマハに問い合わせたら、すでに資料は無く詳しいことは分からないが、1950年代らしいとのことでした。
 確かに表面には無数のクラックがあり、しまいには表の板が割れてしまっているのですがなんとも味のある枯れた音がするんです。本当に弾いていて楽しいギターなんです。
 ちまたには、このダイナミックギターのファンも居るらしく 隠れた名器ではないでしょうか。へたをすれば、粗大ゴミに出ているようなので、粗大ゴミの日には是非、ごみ置き場を確認することをお勧めします。
 本当、ギターって値段ではないな、と教えてくれたギターです。

MASTER OOTYPE GUITAR

しらすのペペロンチーノの画像 メインで使用してきたオベーションでしたが、「アコギは、こんな音ではいかん。もっと、木の音を・・・」の想いが抑えきれなくなり、純粋なアコースティックギターを探しました。しかし、気に入った音がするギターは舶来物でべらぼうに高い!困ったときの国産ギターです。国産ではキャッツアイ、ヤイリ、ヘドウェイ、etc・・・などが有名ですが、マスターというメーカーは知りませんでした。なんでも、昔マーチンが買えなければマスターを!という時代があったらしく、当時は人気のメーカーだったらしいです。
 フォークギターといえばDタイプが王道ですが、(最近はクラプトンの影響からかOOOタイプも人気ですね)年をとると小さ目のギターがいとおしく思える今日この頃です。でも、小さいと言って侮れません。でかい音がします。このギターの最大の魅力は高音です。まさにシルキーあんどブリリアント。(なんだか寒い表現だな・・・)この音を求めていました。ぞっこんです。しかし、幅広ネックと強めのテンションでなかなか弾きにくいのですが、音にはかえられません。意地を張って弾いてます。
このギターも表板が3箇所も割れてしまっているのですが、自分の気に入るギターはダイナミックギターといい、割れているようです。自分はそういう星めぐりということで、大事にしてゆきたいと想います。
 このギターはCD「デジクラ」と「絵音」のフォークギターのパートで使用しています。

絵音-eon-
デジクラ
電気的古典